本ページはプロモーションが含まれています

日経新春杯・【GⅡ】分析と予想

日経新春杯・【GⅡ】分析と予想 予想

様々な旅のプランをご準備しています

 中山金杯【GⅢ】・京都金杯【GⅢ】結果

スポンサーリンク

中山金杯・京都金杯の回顧録は割愛させていただき、馬券の結果のみお伝え致します。

中山金杯・【GⅢ】

3連単・無印△▲・ハズレ❌
馬連 ・無印ー△・ハズレ❌

京都金杯・【GⅢ】

3連単・無印△無印・ハズレ❌
馬連 ・無印ー△ ・ハズレ❌

1年の計は金杯にあり
必ず仕留める!つもりで挑みましたが、思いっきり2レースともハズレ❌

前途多難な1年になりそうです😭

日経新春杯・【GⅡ】分析

ゲームで遊ぼう!

昨年の菊花賞に出走した、活きのいい明け4歳馬が有力視されています。
また、年長馬と比較するとハンデも有利に映ります。

但し、4歳牡馬の世代レベルが決して高いとは思えず、人気ほどの信頼はおけません。
ハンデも含めて、全頭に注意を払いながら予想に取り組みます。

スキマ時間に手軽にお小遣い

いつものように展開の推理から入ると

ハナに立つのは、前走控えて結果が出なかったリビアングラスで、それに続くのがディアスティマブローザホーンでしょうか。

競り合いは考えにくく、1コーナーまでの距離が長いこともあり、スローペースに近い流れになると読んでいます。

先行グループの一列後ろにサヴォーナリレーションシップ

中団にサトノグランツハーツコンチェルトシンリョクカハーツイストワール

中団~後方で脚を温存するのがレッドバリエンテヒンドゥタイムズなど。

3コーナーまでは落ち着いたペースで進み、坂の下りから一気にペースアップ。

各馬トップスピードに乗りながら4コーナーを回ると、残り2ハロンからは、余力を残して突き放しにかかる先行勢と、瞬発力で迫る中団以降の馬の間で、ハンデ戦らしい激しい叩き合いが予想されます。

開幕2週目、スローペースを踏まえると、先行~好位をキープできる馬にアドバンテージがあると読みました。

上記の展開を想定して、先行力、スタミナよりも素軽さと機動力、ハンデを重視して馬券を買います。

日経新春杯・【GⅡ】予想

スポーツ・アウトドア用品・人気ウェア
など、多数取り揃えております

私の馬券スタイルは、強弱をつけた馬連ボックスが主体です。
オッズはそれほど気にしないので、トリガミもあれば思わぬ好配当を手にすることも。

5頭以内に絞れない時は、観戦のみにしています。
と言いながらも、ついつい手を出してしまってます…💦

なかなか的中率は上がってきませんが、皆様の馬券検討の参考にしていただければ幸いです。

コーヒーを飲みながら予想してます

◎サヴォーナ56 池添
前走GⅠ・菊花賞は、見所のある競馬で5着に入り本格化の兆しを示した。
大型馬の割には機動力があり、しぶとい先行力もこのレース向き。
サトノグランツと比較すると56キロは有利。
本命に推奨

○ブローザホーン57 菅原明
不良馬場と稍重の洋芝を勝ち切るパワーがあり、好位追走から抜け出す競馬センスは、重賞でも通用するはず。
心房細動で競走中止後、3ヶ月の休養を挟み立て直され、調教を見る限り力は出せる状態。
対抗評価

▲サトノグランツ57.5 川田
昨秋のGⅡ・神戸新聞杯は、スローペースを中団から鋭く差し切り、強い競馬でレコード勝ち。
実績通りのハンデは許容範囲で、フレッシュな状態は走る。
3番手評価

△ハーツコンチェルト55 松山
GⅠ3着、GⅡ2着の実績がありながら、1勝馬ということもあり4歳馬の中ではハンデは恵まれた。
右回りだと末脚が甘くなる印象があり、克服できれば勝ち負け。
連対候補

△ハーツイストワール57 田辺
前走GⅡ・アルゼンチン共和国杯は、11ヶ月の休養明けとしては上々の内容。
一叩きされた上積みが見込め、8歳馬でも能力は見劣らない。
連対候補

K次郎の闘魂馬券

スポンサーリンク

闘魂馬券

馬連ボックス   ⑬⑧⑭⑦⑩   各4%   

馬連       ⑧ー⑬     25%

         ⑬ー⑭     15%

         ⑦ー⑬     15%

         ⑩ー⑬      5%

K次郎
K次郎

日経新春杯の馬券を取って温泉に行きた~い

家飲みでもいいか!

コメント